記事内にプロモーションを含んでいます。
スポンサーリンク

ララLIFEの一晩味噌の作り方は?炊飯器で木村昴さんが体験。

レシピ

ララLIFEで一晩で作れる手作り味噌の作り方が紹介されました!

声優の木村昴さんが味噌づくりに挑戦し、発酵マイスターの榎本美沙さんが、一晩醗酵みそを考案してくれました。

手作り味噌は熟成に時間がかかる味噌ですが、炊飯器の保温機能を使って熟成させることで、カビの心配のない味噌ができあがります。

それでは、作り方のレシピを見ていきましょう。

▼炊飯器で味噌作りを考案した榎本美沙さんのレシピ本です。発酵で腸活しましょ。

created by Rinker
¥1,694 (2024/05/17 11:46:22時点 楽天市場調べ-詳細)

ララLIFEで紹介、一晩味噌の作り方 レシピ

ララLIFEで紹介された一晩味噌の材料、作り方レシピをご紹介していきます。

材料

    • 米麹: 500g
    • 大豆: 200g
    • 塩: 50g

▼米麹は500g入りだと使い切れていいですね。

▼大豆で味噌の味も変わるかも?

▼お気に入りの塩で作ってみてくださいね。

一晩味噌の作り方手順

  1. 大豆 (200g) をボウルに入れ、4倍以上の水 (1リットル) を加えて浸水させます。大豆が2倍ほどの大きさになるまで18時間以上水に浸しておきます。(この工程をおからに変えると18時間浸す必要はありません。)
  2. 鍋に大豆を入れて、かぶるくらいの水を加えて強めの中火で煮立たせます。途中でアクが出たらそれをすくっていき、水が少なかったら足します。これを3〜4時間かけて繰り返します。
  3. 大豆を親指と小指で軽く潰れるくらいまで煮ます。
  4. 大豆、米麹、塩をフードプロセッサーにかけて全部砕きます。
  5. 砕いたらボウルに入れて、材料を混ぜ合わせて空気を抜きながら手で丸めて炊飯器の内釜に詰めていきます。味噌に空気が入ると雑味が出てしまうので、空気を入れないようにするのがポイント!
  6. 炊飯器の内釜の上に濡れふきんを二重にかけて、炊飯器を「保温」にして6〜8時間放置します。
  7. 6〜8時間後様子を見て完成!

出来上がったお味噌は、市販の白味噌に近い風味の味噌が得られるとのこと。

また、1の工程でおからを使用すると時間を短縮できるますが、大豆を使用した方が風味が良いとのことですよ。

ララLIFEの一晩味噌の作り方は?炊飯器で木村昴さんが体験。まとめ

ララLIFEの一晩味噌の作り方は?木村昴さんが体験についてまとめました。

味噌を炊飯器で作る方法は、初めて知りましたがとってもいいですよね。

味噌はいつも購入していたので、自分で味噌を作れるようになるともう購入する必要がありません。

麹や大豆、塩などにこだわって作る味噌の味をぜひ作って味わってみてくだいね。

▼炊飯器で味噌作りを考案した榎本美沙さんのレシピ本です。発酵で腸活しましょ。

created by Rinker
¥1,694 (2024/05/17 11:46:22時点 楽天市場調べ-詳細)

 

コメント